読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新日本プロレス観戦@BEST OF THE SUPER Jr. XX 決勝

f:id:kakijiro:20130609213537j:plain

毎度ー!毎度ー! 登山の翌日は、新日本プロレスの「BEST OF THE SUPER Jr. XX@後楽園ホール」を生観戦して来ました。1年半ぐらい前からプロレス熱が蘇り、主要大会はPPVで観戦。要所の後楽園ホール大会は生観戦でプロレスのおもしろさを再認識しています。


f:id:kakijiro:20130609181348j:plain

そして今回はジュニアの祭典である「BEST OF THE SUPER Jr. XX 決勝」ですよ! 気合いを入れて特別リングサイド=10,000円買ったったー!! リアルイベントに1万円払ったことないですからね。1万円って…ブルーマン観れるでしょ? 大丈夫…?


f:id:kakijiro:20130609184843j:plain

1試合目がヤバすぎた。リコシェやティタンといった空中技の使い手がビュンビュン飛びまくる。展開がクソ速い上に、惜しみない技の応酬。この1試合目は年間通して1番かもしれない。ジュニア選手のプライドがほとばしってた!


f:id:kakijiro:20130609190330j:plain

2試合目は「劇的ビフォーアフター」にも出ていた渡辺高章と高橋広夢が、ヤングライオンならではの剥き出しなファイトスタイルで会場を魅了していました。ビフォーアフターのアフター効果が多少あったんでしょうね。その場で高橋広夢のイギリス修行が発表されて…。「俺は絶対新日本プロレスに戻ってきたら、IWGPのベルトを巻いて、ゴールデンで試合できるようなレスラーになる!」と言い切ったマイクパフォーマンスを聞いたオジさんたちは半泣き状態。めっちゃエエやん。


f:id:kakijiro:20130609191800j:plain


f:id:kakijiro:20130609192602j:plain


f:id:kakijiro:20130609193153j:plain


f:id:kakijiro:20130609193842j:plain

一番期待していたデヴィット VS ケニーは、盛り上がったもののバレットクラブの卑怯な手によって…。ちっきしょー!! 


f:id:kakijiro:20130609203211j:plain


f:id:kakijiro:20130609181358j:plain


f:id:kakijiro:20130609204901j:plain

オカダのレインメーカーポーズは相変わらず画になるなぁ。


f:id:kakijiro:20130609204156j:plain

会場は超満員。ララパルーザに近い地団駄の音が聞こえるほどだった!これが新日本プロレスの力!?


f:id:kakijiro:20130609205144j:plain


f:id:kakijiro:20130609205647j:plain


f:id:kakijiro:20130609210220j:plain

外道さん最高。


f:id:kakijiro:20130609210711j:plain

決勝はデヴィット VS シェリー。流石にデヴィちゃんも決勝はちゃんと戦ってくれるでしょ!? その思いは空しく最近の新日本プロレスでは珍しい大荒れの展開。ドラゴンストップ出ちゃうよ! 代わりにレッドシューズ海野の顔が真っ赤になってた。レッドフェイスー!!


f:id:kakijiro:20130609212552j:plain


f:id:kakijiro:20130609213233j:plain

観客によるブーイングがすごかった。賛否両論ある結果なんだけど、現場に居たら不思議と「えー!? 今後どうなんの!?」というストーリーの読めなさにワクワクしました。


f:id:kakijiro:20130609212936j:plain




f:id:kakijiro:20130609190506j:plain

あまりのおもしろさに呆然とするオジさん。



<総評>

もうね、杞憂でした。特別リングサイド席…最高! こんな間近で激アツな攻防を拝めるだなんて贅沢すぎますよ。肉と肉がブツかる音はもちろん、レスラーの息づかいまで生々しく感じ取れる。木のベンチだったのでケツが痛いという欠点はあったけど、これはクッション持参すれば万事解決。1試合目から大声を出しすぎて、途中でガス欠するほど盛り上がったなぁ。

さらに今回はプロレス初観戦チーム(4人)を引き連れていたんですが、事前のプロレス勉強会(基本的なルールや楽しみ方、豆知識を教える会)が功を奏したんでしょうね。全員「1万円の価値は余裕であった!プロレス最高!」と楽しんでくれていました。会場の異様な熱気+大会の決勝戦という背景込みで、今のプロレスのコンテンツ力すげーよ!!


みんなもプロレス観ようぜ!!