読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画01 - 「ONE PUNCH-MAN / 村田雄介,ONE」

ワンパンマン 1 (ジャンプコミックス)

ワンパンマン 1 (ジャンプコミックス)

◉Web漫画発! ヒーローモノの王道を徹底的に裏切る世界観

ネット発の人気Web漫画『ワンパンマン』を『アイシールド21』の村田雄介先生が、Twitter経由で「連載させて〜!」と頼み込んで形にしたという『ONE PUNCH-MAN』。Web漫画サイト「となりのヤングジャンプ」上で連載しているんですが、こいつが超絶おもしろい!


Amazonでも1巻と2巻は売り切れ状態が続いていて、いかに口コミで人気が広がっているのかが分かります。ちなみに僕は絶対オモロ説をひっそりと唱えて、Web版は一切読まずにコミックでまとめ読みしました。


いわゆるヒーロー漫画なんだけど、とにかく主人公・サイタマが最強すぎる。最強すぎて敵なしというか、どれだけ前フリで強そうな敵でもワンパンで倒してしまうコンセプト。何の充足感を得ないまま、誰にも感謝されないまま、黙々と平和を守り続けて…なんとも可哀想なヒーローなんですよ。強さを手に入れた反動で、何故かツルッツルにハゲてるし。


誰もが既視感のあるヒーローモノの設定に対して、ウルトラC級のひねりを加えた裏切りの世界観がおもしろいのはもちろん、村田雄介先生の圧倒的な画力が少年漫画の王道感を演出している。鳥山明リスペクトなバトル描写は必見!


現時点で3巻まで刊行中。サイタマを師と仰ぐ弟子が出てきたり、ライバルっぽいヤツが出てきたりなど、“裏切りの設定に対して王道へ寄せていく流れ”でグングンおもしろくなってきています。とりあえず気になった人は、Web版を読めばいいんじゃないでしょうか。その上で「おもしれぇ!ハンパねぇ!」と感じたら是非、コミックを購入して作者へ還元してあげてください。元々、そういうコンセプトのメディアなので。


<関連リンク>
▼となりのヤングジャンプ「ワンパンマン」

▼村田雄介が体感する「マンガ」の変化(前編)