読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サシ飲みシリーズ 第11弾「有限会社ノオト 宮脇淳さん」

サシ飲み

f:id:kakijiro:20130225030121j:plain
どうも、バーグハンバーグバーグの柿次郎です。2013年1発目のサシ飲みは、前職である有限会社ノオトの代表・宮脇さん。約4年前、何の当てもない素寒貧状態で上京した僕を拾ってくれて、温かいミルクと毛布を分け与えてくれました。そして社会人の基礎を教えてくれた“師匠”でもあります。あと、お金も貸してくれました。


そんな宮脇さんの元を旅立って1年3ヶ月が経過…。その間に学んだことや感じたことをこのタイミングで報告せねばならーん! それが“仁義”というもの!! というわけで、五反田の日本酒専門店「酒場 それがし」で盃を交わしてきましたー!! 覚悟、覚悟ー!!!


……


えー、サシ飲みシリーズ初の記憶喪失レベルで潰れた。明確な意志をもって潰されたといっても過言じゃない。2人で飲んだ日本酒は約10合(1升)。7割くらいは宮脇さんが飲んでたと思うんですけど、「あれ、柿次郎先生減ってないよ?」「ぜんぜん飲んでないんじゃな〜い?」と満面の笑顔でグイグイお酒を注いでいただいて…。


まぁ、飲むでしょ? 師匠が注いでくれたお酒よ??


途中出されたカラスミを見て「これ人参ですか?」と育ちの悪さを露呈しようとも、グイグイお酒を飲んで、話したいことを壊れたスロットマシーンのように吐き出して、ありがたいご意見を超神水みたいにゴクゴク飲み干しました。


モヤがかかった記憶の中で覚えているのが…


===========================


◉将来的には、会いに来てもらえる人になりなさい
無理に交流を広げなくとも、出会うべき人とは繰り返し会うことになる。いっそ誰かが会いに来てくれる人になりなさいと。確かに〜!!


◉30歳前後で出会った人たちは将来の糧になる
ちょうどこの時期にノオトを設立した宮脇さん。30歳前後で出会った人たちとの繋がりが現在の仕事に大きな影響を与えたそうです。サシ飲みシリーズも、その関係性を築けるモノだと僕は思ってますよ!みなさーん!10年後よろしくー!


◉仕事がデキる担当者こそ、自分の主張をぶつけてやり合うべき
「この人は筋が良い!」と感じた担当者とは、敢えて意見や主張をガンガンぶつけてやり合うべきだと。その結果、良いモノが出来上がるし、次に繋がるパートナーとなることが多い。仕事の引き際や攻め時など、矢面に立っている経営者がもっとも磨ける感覚だとか。


===========================

このあたりです。


ノオト入社当時、電話対応の仕方もわからなかったピヨピヨな僕に対して“多くは語らず、背中で見せる”スタイル(職人!)で育ててくれた宮脇さん。同時に男としてのカッコのつけ方も教えてもらいました。いわば、宮脇イズムですよ。確実に脈々とドックンドックンと受け継いでいます。そしてこの日聞いた言葉の数々は、僕が30歳を迎えたからこそスッと飲み込めたんじゃないかなーと。そう考えると人との出会いはもちろん、言葉との出会いもタイミングが大事ですね。


というわけで、宮脇さんとのサシ飲みは今回だけに限らず、定期的に報告会を続けていきたいなーと思っております。美味しい日本酒とおつまみ、ごちそうさまでした!(帰宅後、すぐにトイレで吐き散らしました)


f:id:kakijiro:20130304094718p:plain



<宮脇淳さんの関連リンク>
◉有限会社ノオト
http://www.note.fm/
◉品川経済新聞
http://shinagawa.keizai.biz/