【親方増量】ライター編集者に教育の機会を増やす!弟子をシェアして育て合う「パラレル親方」

こんにちは、ジモコロ/BAMP編集長の柿次郎です。

 

僕が率いる「Huuuu」は“会社員とフリーランスの中間”を目指す集合体。雇用関係はないものの、ライター・編集者たち複数名が集まったチーム。詳しくはサイボウズ式さんの記事をどうぞ。

 

 

この体制で半年間やってみた結果、「チームで働くメリット」を大いに実感しました。

  • 仕事を共有しながら、チームで振り分けて進められる
  • 原稿のフィードバックを気軽にもらうことができる
  • たまに集まって「一人じゃない」ことを実感する
  • 体調不良や家族の事情があれば助け合うことができる
  • チーム対応できる仕事を受けられる(WEBメディア運営とか)
  • 近すぎず、遠すぎず、距離感がちょうどいい

などなど、「一人だったら孤独にやられてたかもな…」と感じることが多々あります。

ソロよりチーム。モンスターハンターも、マタギの狩猟も、何かの価値を追い求めるのであればチームの方が効率的だと相場が決まっています。

 

 

f:id:tmmt1989:20171005024316j:plain

 

ちなみに、Huuuuの地味すぎる福利厚生は

  • 名刺の無料支給
  • Chatworkのビジネスプラン提供
  • 個人仕事の見積もり相談、原稿チェック
  • Dropboxのビジネスプラン
  • 長野でのおもてなし

などなど。

 

f:id:kakijiro:20171112131355j:plain

フリーランスにあるあるな「それっぽく作った名刺」ではなく、しっかりデザインの入った名刺は好評です。なんたって無料ですからね。

「名刺切れました―!」と言えば、僕とデザイナーが動いて家に届く便利仕様。プチイノベーションですよね。楽ちん。

 

 

f:id:tmmt1989:20171005024816j:plain

先日、林業が盛んな北海道の下川町へHuuuuチーム全員で乗り込み、取材ツアーを行いました。現地に乗り込んでから企画を考えて、関係のあるメディアに書き散らすフリースタイル方式。現在、数本の記事を目下制作中です。こういう動き方もチームならでは!

 

 

しかし、「課題」も見えてました

順調と言える滑り出しのHuuuuなのですが、課題もあります。

 f:id:kakijiro:20171116012234p:plain

それはリソース問題!!!

 

ありがたいことに仕事が増えてきており、その結果、Huuuuメンバーのリソース不足が発生。これは現在のWEBメディア業界にはびこる「リソース奪い合い問題」にも通じています。

業界全体で慢性的に編集者・ライターが不足しており、少ないリソースを奪い合う現状……そして自分では育てず、人材が育った瞬間に横から刈り取るという問題も…。みんな必死のパッチなので、今後も解決しないでしょう。由々しき事態ですよ!みんな売れていっちゃうし!若手を育てるしかないんや!!!!

 

……ちょっとヒートアップしてしまいましたが、とにかくいろんな理由があって、せっかくご依頼をいただいてもリソース的に受けられない場面が生じています。

 

一体、この壁をどう乗り越えればいいのか?

ライター不足はもちろんだけど、編集者不足も同時に解決できないか?

一番の近道は「人材育成」。しかし「教育リソース」も足りない…。

 

・・・

・・・

 

 

そうだ!これしかない!

 

 

f:id:kakijiro:20171119145948j:plain

 

「パラレル親方」だ!!

 

 

 

パラレル親方がウェブ業界を救う?

f:id:kakijiro:20171116012815p:plain

聞きなれない言葉だと思いますので、説明しましょう。

 

まず、「親方」とは「同じ業の職人や弟子をまとめ、事業を進める人物」のこと。

 

「師匠」のように「一人前になるまで面倒を見る」というより、プロジェクトベースで動き、仕事をとってきて適切にアサインする立場というイメージです。

 

でも、一人の親方に複数のメンバーがつく方法だと何が問題なのか? それは、「編集者・ライターが下を育てるのは難しい」からなのです。

 

f:id:kakijiro:20171116011444p:plain

編集者・ライターは基本忙しい職業であり、教育のためのリソース(時間)を割ける人は少ないです(プレイングマネージャーが多いことも原因…)。

 

また、「仕事を振る」ことも簡単ではありません。つまり、メンバーにとっては成長の回数が少ないということを指します。

 

しかし、親方が複数いれば……

 

f:id:kakijiro:20171116011422p:plain

仮に親方が一人につき2本の仕事を作れるとすると、三人いれば6本。親方が一人の場合よりも、稼ぎは保証されます。

 

さらに、仕事の機会に加え、人によって異なる仕事のやり方やジャンルを学ぶ/経験することができる。そして生まれる引き出しの多さは、編集者・ライターとして稼ぐための大きな強みとなります。

親方の側も、教育にかけるリソースが分散されるメリットも。

 

つまり「複数の親方が存在し、パラレルに教育を行う」こと…… 

 

これが「パラレル親方」なのです。

 

新しい言葉から入るタイプですみません。

 

弟子を募る「パラレル親方」のイベント開催! 

 

f:id:kakijiro:20171201165919p:plain



というわけで、頼もしい親方と弟子たちを呼んでイベントをやります!うおーー!!

WEBコンテンツに携わる親方は弟子に何を求めているのか? また、すでに親方の下で働いている弟子は、どんな気持ちで取り組んでいるのか? 両者の視点をざっくばらんに話しつつ、その場でプロ野球みたいに弟子のスカウトを行いたいと思います。

 

 

※追記(2017年12月1日)

  • くいしん(フリーランス) ※Twitter
  • 望月優大(株式会社コモンセンス)※Twitter

4人の現「親方」に加えて、独立直後の「親方見習い」2人も当日参加することになりました!親方戦国時代に突入だ!!

まずはローカルメディア「灯台もと暮らし」を運営するWaseiから独立したばかりのくいしんさん。ローカルだけでなく、お笑いや音楽が得意分野です。さらに、スマートニュースを卒業したばかりの望月優大さんも参戦。政治や社会課題、NPO領域で活躍中です。詳しくは2人の退職エントリーをご覧ください。

 


さらに司会は、「アシスタントが欲しい…!親方の考えを知りたい!」と熱量パンパンのライター・カツセマサヒコくんが担当してくれることになりました。さらに親方衆の弟子も登壇予定。弟子の本音もバンバン話してもらおうと思います。

 

careerhack.en-japan.com

 

その精度を高めるべく、今回のイベントは「書類申し込み制」にして、書類審査に通った人限定で小さく集まれたらいいなーと。マッチングしてなんぼの取り組みなのでご理解いただけますと幸いです! 

 

【書類の申し込み方法】

※応募受付は終了しました

 

【イベント詳細】

名称:弟子をシェアして育て合おう!「パラレル親方」

日時:2017年12月19日(火)19時開場予定

参加費:5000円(飲食代込み、ケータリング豪華にします)

会場:渋谷予定(詳細は上記の書類審査を通過した方にお知らせします)

 

※11月26日追記

いくつか質問が届いていたのでQ&A感覚で要点まとめておきます。

 

Q.地方在住でも成立しますか?

→取材中心の仕事ベースのやりとりになるため、東京在住で頻繁に顔を合わせられる人の方がコミュニケーションは断然スムーズだと思います。オンライン上の「塾」ではなく、密な関係性じゃないと親方/弟子は成立しづらいので。ただ、地方取材もありえるので親方&案件次第になりそうです。

 

Q.弟子は何名採用しますか?

→親方と弟子のマッチング次第なので、全体で数名採用されるかもしれませんし、0名かもしれません。

 

Q.メディア関係者は参加できますか?

→誰かしらの親方に連絡していただいて、会場の定員に余裕があれば入れるかもしれません。ご相談ください。

 

Q.ライター/編集者の経験がなくても大丈夫でしょうか?

→親方によって採用基準が異なるかと思いますが、「人柄がいい」「フットワーク軽い」「覚悟を持って時間を割くことができる」などなど、経験以上の適正があれば大丈夫だと思います。結局は「人」を見るはずなので。

 

それでは沢山のご応募、お待ちしております!

 

 

書いた人:徳谷 柿次郎

f:id:kakijiro:20170530121855j:plain

株式会社Huuuu代表取締役。おじさん界代表。ジモコロ編集長として全国47都道府県を取材したり、ローカル領域で編集してます。趣味→ヒップホップ / 温泉 / カレー / コーヒー / 民俗学 / Twitter:@kakijiro / Facebook:kakijiro916

山形県南陽市の「マルシチ遠藤鮮魚店」は次世代型の魚屋になる

f:id:kakijiro:20171103170159j:image

木工家具のリペアデザイナーの須藤くんに連れられて山形県南陽市旅。紅葉真っ盛りな景色も心踊るんだけど、予備知識ナシで来た「マルシチ遠藤鮮魚店」でのおもてなしがサイコーでした。

http://marusiti.strikingly.com/

創業140年目。5代目の遠藤兄弟 & 須藤 修くんが来年3月頃に、目利きと調理スキルを活かした新店舗(鮮魚店×レストラン13席)をオープン予定。

 

f:id:kakijiro:20171103170219j:imagef:id:kakijiro:20171103170229j:imagef:id:kakijiro:20171103170238j:imagef:id:kakijiro:20171103170242j:imagef:id:kakijiro:20171103170246j:image

 

そこに先駆けて鮮度抜群の魚料理と山形の日本酒を合わせたプチコースを用意してくれて、どれも激ウマでした。3日連続で美味いモノ食ってる。

 

f:id:kakijiro:20171103170309j:image

イカの塩辛、イワシのタタキ、秋刀魚の燻製、メバチマグロとすだちの刺身、ラフランス。お酒は雅山流、冩楽、鳳凰美田。うめぇ、うめぇ。

 

f:id:kakijiro:20171103170346j:image

メディア関係者、来年の3月要チェックです。新幹線 赤湯駅で降りて、 須藤くんに連絡すればなんとかなるはず!

「村を作りたい!」って意思表明した1週間後、長野県知事が全力応援してくれることに!?

こんにちは、柿次郎です。

最近はもっぱら、二拠点生活×地方出張の激しさに飲み込まれた日々を過ごしています。移動距離がどんどん伸びる。遊牧民スタイル。

 

 

さて、先週こんなブログを書きました。2020年までに仲間たちだけで自由気ままな村を作れたらおもしろいなーという意思表明です。きっかけは前述の二拠点生活での違和感というか。

長野に家を借りていて、ずーっと東京中心の仕事をしているのがダメなんじゃねーの? 長野に居る理由を作らないとバランス取れないんじゃないの? といった考えに至ったわけです。

 


村のきっかけは、長野市で出会ったOND WORK SHOPの木村真也こと「きむにい」。同い年でちょくちょく飲んでいて、泥酔した流れで「やってこ!やってこ!」と叫ぶノリがあってですね。このポジティブな要素しかない「やってこ」の精神=やってこマインドを村に落とし込んだらおもしろいはずだ!と。

 

そもそもの日本の戦後復興も「やってこ!やってこ!」と急成長を遂げたわけですし、北海道開拓の歴史も現地の話を聞けば聞くほどにやってこマインドにあふれていた印象です。豊かさの中で生きる意味や役割を見失いがちだからこそ、無茶な目標を立てて、仲間を巻き込んで形にする。それが僕なりの解釈です。

 


そんな思いつきとノリだけで始めたのが、「やってこTV」というウンコみたいな動画シリーズです。マジのウンコです。編集なし。打ち合わせなし。iPhone8でだらっと撮影しているだけ。初回は決意表明的な話をしました。カット後の美容室で撮影してます。

 


その4日後、家飲みしている流れで2話目を撮影。サムネイルの時点で伝わってると思いますが、完全に泥酔した状態で撮影しています。見ても見なくても人生に影響なし。アル中のきむにいは、この時点で記憶が一切ありません。ただバイブスだけは伝わるはずです。

 

f:id:kakijiro:20171013001202j:plain

さらにその一週間後、実際に村候補の土地を視察すべく、仲間を募って長野県の高山村に行ってきました。空き家を探して、自然の抜け感を確認して、温泉宿に泊まって、そこで酒飲んでワーワーと喋るだけの企画・・・だったんですが、思いもよらぬ展開が待ち受けていました

 

その日の様子を雑にまとめたムービーの最後、3秒をご確認ください。

 

f:id:kakijiro:20171012234833p:plain

奇跡の展開で長野県の阿部守一知事と飲む機会に恵まれました。どうなってるの〜。その場で「村を作って100人移住させたいんです」と伝えたら、「それはいいね。全力で応援するよ!」とまさかの公認をいただきました

ブログに書いて一週間。そして「やってこTV」の3話で知事登場。

ここからがもちろん大変なわけですが、失敗を楽しむ前提で打席に立って発言することはめっちゃ大事だなと改めて思いました。あとは知事が忘れてないことを願うばかり…。今度真面目な感じで話しに行かなきゃ…。

 

https://www.instagram.com/p/BaIuMv4A6rr/

夜は村視察メンバーで温泉飲み

 

さらに!

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kakijiro/20160504/20160504000453.jpg

長野市内でお店を作る計画も大きく前進しました。

というか、場所がほぼ決まりました。

 

こちらもやることが山積みですが、いかに長野がスペースに余裕があり、人の繋がりでコトが進むのか。そのすごさを再認識しました。いやー、すげーよ!やりたいことがやれちゃうんだから!

 

あとは、やるだけ。人生はやるか、やらないか。それだけです。

 

やってこ!やってこ!

 

f:id:kakijiro:20171013000121j:plain

 

 

こんなインタビュー記事も公開されてます。

2018年の話していい?「本」も作りたいし、長野市に「お店」を作りたいし、そして「村」も作りたいし

f:id:kakijiro:20171005003611j:plain

こんにちは。Huuuuのメンバー全員集合です。

左から「友光だんご」「田中嘉人」「すずきあつお」「徳谷柿次郎」「根岸達朗」「ナカノヒトミ」といった並びで、半分がおじさんでございます。耳の下から乾いた脂がジワジワ出ていて、枕が臭いと奥様方からのクレームが止まりません。

 

さて、そんな臭い話のまくらはほどほどにして…

 

人生初の「決算」、そして国への「納税」(国への貢献!)を終えたところなんですが、残り3カ月あるのに2017年終わった感がすごいんです。なんだろこの感覚…。独立起業と二拠点生活をやり遂げた達成感…。もう今年は終わってええんよ…。

 

というわけで来年やりたいことを考えてみました。

 

未来だけ考えて、生きていきたいんや!!

 

長野は10月から秋が深まり、冬支度なので。そういう人間的な季節感でやっていきましょう。よろしくおねがいします。

 

①リトルプレス「Huuuu Magazine」を作りたい

f:id:kakijiro:20171005010944p:plain

普段WEBの記事ばかり作っているので、最近紙媒体で深く誰かの手元に届けたい欲がパンパンです。3日で消えない記事。捨てずに長く本棚に刺さってるリトルプレス。1号目のテーマは「大阪 VS 長野 アルプス山脈がツッコミ文化襲来を防いでいる」の予定です。

前々から長野にはツッコミ文化が不在だなと感じていて。その原因はアルプス山脈にあるんじゃないかなと睨んでいます。まずこの仮説を攻める。大阪と長野のプレイヤーたちに取材をして、アクセスが悪すぎる2つの土地を分析したい。なんかそういう仮説をテーマにしたリトルプレスを展開したいんです。

 

②長野市内にカルチャー発信の店を構えたい

f:id:kakijiro:20171005010956p:plain

二拠点生活を始めたにも関わらず、長野市と深い接点を持つ術がない…。だったら自らお店構えちゃえばいいんじゃないか?と短絡的思考で思いつきました。

 

コンセプトは

  • 「東京のクリエイターたちが自腹で運営してる」
  • 「ラッパーが30歳過ぎたあたりで始めるお店の空気感」
  • 「CD、Tシャツ、野菜、本、関係値のあるモノを売る」

こんな感じです。

 

権堂あたりで家賃5万円〜7万円くらいの1階店舗。利益はあまり追求せず、県外から遊びに来た人たちがふらっと立ち寄れるようなイメージです。

意外にも長野市にはストリートカルチャー系のショップが少ないらしく、これまで全国で知り合った人たちとの関係性をコンテンツに変えていけたらおもしろいなぁと。要は「リアルな場の実践者」になりたいんですよ、自分。WEBにちょっと飽きてる。

 

③長野のどこかに「村を作る」遊びをしたい

f:id:kakijiro:20171005011037p:plain

前々から鉄腕DASHのDASH村への憧れがあるんですが、2020年に向けて「村づくり」にチャレンジしたいなと考えています。40歳も見えてきたし。

社会実験的な側面が強いんですけど、言わずもがな地方は古民家だらけにも関わらず、貸し手と借り手のマッチングが難しい領域。条件が良い土地を見つけて、まずは古民家を仲間で借りる。畑がついてれば最高。

そこで定期的に遊びに行きつつ、畑を作ってみたり、泊まり込んで酒飲んだり、未来に投資する感覚の「遊び」にしていきたいんです。最終的にはHuuuuの本社も構えて、雇用を生んで、自分たちでメシ作って、温泉に浸かって、酒を飲んで…それだけで充分!!

 

  • 一級建築士
  • 宅建を持っている古道具屋
  • 革細工職人
  • コーヒーの達人
  • 編集者
  • 動画クリエイター
  • カメラマン
  • デザイナー

今のところこんなスキルを持った仲間がいます。「え、もしかして俺のこと?」とこの記事を読んでビビってるかもしれませんが、遊びながら巻き込んでいくから覚悟しとけよー。早速、来週下見ツアーという名の「温泉旅館に泊まって酒飲むだけ」を実施。具体的な動きがあればまた報告します!

 

おわりに

f:id:kakijiro:20171005012426j:plain

ローカル領域の資源をどう活用するのか? せっかく全国47都道府県を取材してるんだから、そろそろ実践者にならないとインプットの持ち腐れだな、と薄々感じ始めています。

もちろん記事というアウトプットが生業ではあるものの、それだけじゃつまんねーなと。35歳という節目を迎えて、新しいことを考えるワクワク感に生かされているところです。

仲の良い方々、「おもしろそう!」と心が1ミリでも動いたらぜひ声をかけてください〜。やってこ、やってこ〜。

 

f:id:kakijiro:20171005013128j:plain

 

株式会社Huuuuの1期目を終えた感情

f:id:kakijiro:20170802012642j:plain

こんにちは、株式会社Huuuu代表取締役の柿次郎です。

いまだにこの肩書きに慣れていません。

2017年1月20日に法人登記した会社は、税理士さんのリソースを考えて7月末締めにしていました。最近増えてますよね。

そして気づけば8月に入り…つまり…

1期目終了〜〜!

 

長かったのか。短かったのか。体感速度と実際に動いた総量がゴチャゴチャになっていて、正直なんともいえない感情です。

 

 

簡単に箇条書きで振り返る

  • 1月:登記準備と打ち合わせに追われた毎日、熊本取材、多可町取材
  • 2月:アシスタントの友光だんごをGET!!、秋田取材
  • 3月:オフィス探しをするものの諦めてタイで遊ぶ、エキュートマーチで初出店、仕事が増え始める
  • 4月:新メディア「BAMP」の立ち上げ作業に没頭、台湾で遊ぶ、桐生取材、旭川動物園取材、横瀬クリエイティビティークラス始動
  • 5月:長野に家を借りて引越し作業、BAMPローンチ、森道市場遊ぶ、NHK Eテレ出演
  • 6月:二拠点生活開始、高野山@地方創生会議登壇、仲間がどんどん増え始める
  • 7月:長野と東京を行き来して仕事のバランスを取り始める、宮崎&神戸取材

ジモコロで月6本、BAMPで月6本。他メディアへの寄稿、月2〜4本のイベント&セミナー登壇、全国あちこち取材ツアーなど、ありがたいことに仕事面はいい感じにまわっています。

 

suumo.jp

またプライベートでも二拠点生活を始めて、長野と東京を行き来するという未体験ゾーンに突入。移動はツラいものの、オン・オフの切り替えが以前よりもやりやすくなっている印象です。まだ慣れるには時間がかかるかなーと。

 

とにもかくにも!

 

人生で一番動きがあった半年間だったことは間違いありません。むしろ、今後もっと移動距離含めて、動きが激しくなる未来が待っているのは明白で。その姿を自分自身で想像できる環境に身を置けていることが超ラッキーだなと思っています。

 

cybozushiki.cybozu.co.jp

 

とりあえず今はHuuuuの仲間探しをしている時間が一番楽しいです。実際、チームとして一緒に働ける仲間が増えていて。サイボウズ式のインタビューで答えた「会社員とフリーの中間」みたいな組織に一歩ずつ近づいています。いやー、今後どうなるんだろう。ワクワク感しかないな。

楽しくお金を稼いで、利他的に振る舞う。仕事だけに溺れず、家族や友だちと遊ぶ時間を大切にしつつ、美学の軸を用いて丁寧にこなしていきたいと思います!

 

 

f:id:kakijiro:20170802012752j:plain

 

ちなみに2期目の目標は「会社HPを作る」「本を作る」「若い才能を発掘する」「海外にもっと行って知見を広げる」です。健康的に頑張ろう。

 

※最近「note」を始めました

 

 

書いた人:徳谷 柿次郎

f:id:kakijiro:20170530121855j:plain

株式会社Huuuu代表取締役。おじさん界代表。ジモコロ編集長として全国47都道府県を取材したり、ローカル領域で編集してます。趣味→ヒップホップ / 温泉 / カレー / コーヒー / 民俗学 / Twitter:@kakijiro / Facebook:kakijiro916

 

 

ローカル×テクノロジーが近づいているから両方学んでいこう

f:id:kakijiro:20170710113136j:image

ローカルを掘り続けて2年ちょい。

歴史や文化、民俗学の視点で「過去の積み重ねおもしれぇぇ!」と好きでやっていたら、最近ローカルとテクノロジーがどんどん近づいてる感が強くなってきた。

人口減少、コミュニティ崩壊、空き家問題、一次産業の衰退などなど、10年、20年とヤバい未来を考えたときに課題感がよりローカルと相性が良いんだろうし、テトリスの縦ブロックが4列処理するような気持ち良さもありそうだなぁ。難題だらけなんだろうけど、危機意識を持った企業の取り組みを身近に感じると期待が持てる。

・東京のローカルを見る
・地方都市のローカルを見る
・村レベルのローカルを見る

僕自身ができるのは3つの視点で「体験値」「関係値」を溜め続けることだと思っていて、ここに海外事例を掛け算できると面白いなーと。Huuuuに込めた「風の人」として、Webメディアのみに縛られような働き方をしたい。

そのためにはまだまだ仲間が必要で、実力のあるライター、編集者はもちろん、プロデューサー、カメラマン、デザイナー、イラストレーター、プログラマー、料理人、建築士などなど、同じ看板掲げて利他的に動ける人がいたら!看板掲げなくともプロジェクト毎に組めばいいけど!

中でも商流の川上でしっかり意義と予算のある仕事作って、川下に良い仕事を流すような編集者×プロデューサーが世の中に足りてないから、もっと増えてくれー!ウンコみたいな仕事をコネコネ作って、中抜きするだけで何もしないフンコロガシに槍投げてこっ!!

 

 

最近こんな記事作ったり

「焚火台は人生の投資である」キャンプ初心者へ届けたい浪費の美学 - それどこ

 

長野の移住支援イベントに登壇したり、

 

https://www.instagram.com/p/BWSYGCqgULE/

昼間は長野移住支援フェアで話してきたんですけど、反対側でたまたま和歌山移住支援フェアもやっていて、先月出会ったミカン王子と再会。長野×和歌山の貴重な組み合わせ。若手みかん農家と若手りんご農家を引き合わせる会をやりたい。

 

デンソー主催のプロジェクト「アルカル」のトークコーナーに参加したり

https://www.instagram.com/p/BWSWVzBA8r-/

デンソーさんの主催イベント「アルカル」。デイリー林さん、GPSログのトップランナー石川初先生と共に話してきたんですが、2人ともめちゃめちゃ面白かったです。何事も10年続けなければいけない。

 

 

ジモコロフリーマガジンを配布したり

https://www.instagram.com/p/BWRIPnzAs4w/

ジモコロフリーペーパー配布第一弾!お次は前回もお世話になった東京神楽坂にある「かもめブックス」さん。最近、梟書茶房を手がけたモジャモジャ店長も大喜び。カフェスペースがあるので美味いコーヒーでもすすりながら読んでみてください。kamomebooks.jp

 

長野で好きなカレーをイベントにしたり、

https://www.instagram.com/p/BWBtQ2EgrzB/

LAMPで企画した新イベント「カレータイケツ」。もうすぐ始まります。両方、絶対美味いヤツ!

 

いろいろやっています。

 

 

7月、8月は地方取材もがんばる!